東京都指定/放課後等デイサービス わいわいプラス 町田教室

放課後等デイサービスとは?

当教室は、平日はスタッフが車でお子様を学校までお迎えにあがり、療育後お車でご自宅までお送り致します。

教室では、専任のスタッフが発達障害のあるお子さまの成長のお手伝いとして、野外活動や教室でのカリキュラムをこなしながら、楽しく時間を過ごしていただけるよう、またコミュニケーション能力や自発性、個々のお子さまの能力を伸ばせるような工夫をしながら一緒にお時間を過ごします。

保護者の方には写真つきのレポートを毎日ご帰宅時にお渡ししております。その日のお子さまの様子がお伝えできるよう徹底しております。

「わいわいプラス町田教室の魅力!」を見る

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ

お母さま、お父さま、ご自身の子ども時代を少し思い出してみてください。

周りに、下記のようないわゆる少し変わっていた子はいませんでしたか?

長い間、そういった特徴のある子どもは「その子の個性、性格ではないか?」「あの子は変わっているだけだ」と思われていましたが、近年は遺伝的な脳の構造の違いからくる「発達障害」だということが分かってきました。

もちろん、彼らの性格・個性であることに変わりはありません。

「発達障害」というのは、

知能指数(IQ)が低い知的障害とは異なり、いわゆる、人と関わるコミュニケーション能力、問題解決能力、危機管理能力、空気を読む能力などが低いことを表し、知能指数は問題ない、もしくは優秀な人が多いです。(得意・不得意科目によって成績に著しくムラがあることも特徴です。)

なので、少し周りの子と違って変わっていても総合成績は問題ないため進学、進級ができます。
最近の日本は高校卒業資格まではとった方が良い。という傾向が社会的に、暗黙の了解として強いため、「変わった子」ですまされて社会に出ることができます。

しかし、

社会に出てからその個性の強さが原因で、周囲とうまく付き合えない、孤立する、環境の変化についていけないことでストレスをため込む人が多いです。そして心身の調子を崩し、うつ状態、情緒不安定となり、いわゆる「適応障害(発達障害の二次障害)」と病院で診断される人が増えています。

そういった状況により1人で悩み、苦しむ若者が年々増加しています。
防ぐためには、社会に出る18歳高校卒業年次までに、保護者さまが子どもさんの個性・性格を理解し、受け入れていただき、早めに適切な病院と施設にかかることをおすすめします。 まずは病院を受診し、お子さま1人1人に合った療育プランを立てることが大切です。

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ

発達障害の種類・分類についてその特徴から以下に分類されております。

注意欠陥多動性障害(ADHD・ADD)

不注意、衝動性、多動が特徴です。多動が目立たないものはADDと呼びます。ADDは女性に多いです。また、落ち着きなく、じっとしていることができないこと、集中力がないことも特徴です。一方、自分が興味を持ったものにはとことん集中できます。

その他特長

自己管理(時間や金銭)ができない、片付けが苦手、忘れ物が多い、思ったまま即行動する、、失言が多い、感情のコントロールが苦手、感情的になりやすい、行き当たりばったりの行動が多い、子ども時代の嫌な思い出ばかり心に残る など

自閉症(AD)・高機能自閉症(アスペルガー症候群ASP)

自閉症(AD)は、ひとつの物事に異常に執着する、ひとつのことだけに没頭する、何度も同じ行動を繰り返す特徴があります。

その他特長

コミュニケーションが苦手orできない、同じ考えしかできず、一度ついた考えが変えられらない、臨機応変な対応ができない、イレギュラーな出来事が起こるとパニックになる、特定のもので暗記力、計算力など、並外れた能力を持つ場合があるなど

学習障害(LD)

「読む」「書く」「聞く」「話す」「計算する」「推論する」の基本的な学習能力のうち、特定の能力に困難があることが特徴です。例えば、文字をスラスラ読めない、変なところで区切る、濁音が発音出来ないなどの読字障害や、字を書く際に左右逆文字、鏡文字を書いてしまう書字障害などが挙げられます。

ダウン症

ダウン症は先天性の遺伝子疾患のことをいいます。通常、染色体は23組46本ありますが、この染色体の21番目が分裂異常を起こすことで発生します。特徴は、顔や体の一部の形状異常や知的障害、精神的な発達の遅れ、身体が弱く病気になりやすい特徴があります。

発達障害を持つお子さまを受け入れ、理解してあげることが大切です

このような、

発達障害児の多くは、小学校に入学し、他の子と比較される環境になり障害が発覚することが多いです。発達障害の症状で、周りとうまく関係が築けないのですが、障害だと分かっていない状態だと、彼らは周りの子と価値観が異なり、子供のころから浮いて、どんどん孤立してしまうことが多いです。

そして、

空気が読めない子、何度も忘れ物をするダメな子、すぐに感情的になるから何をするか分からない…と周囲から思われ、距離を置かれてしまう子が出ます。 それでも、病気の症状であるため本人は自覚がありません。親や先生の教えを聞いて、無理やり頑張って周囲に合わせようとする傾向があります。そうすると我慢から生まれるストレスにより、不登校になったり、うつ状態になったり、強迫観念を認めたり、摂食障害を起こすなどの問題行動を起こしてしまいます。

例えば、

トムクルーズやアインシュタイン、日本でいうとモデルの栗原類さんが発達障害であることは有名ですよね。発達障害であることをまずは周りが理解し、その人に合わせた教育や行動をすると、彼らが持っている特殊能力は飛躍的に伸びます。
「変わり者」で終わらせず、きちんと性格面の診断をつけること、発達障害を見抜くことが非常に大切です。

治療方法は本人に自分の障害を理解してもらうことが1番の方法です。 また、下記のこの5点がとても重要です!
重要!
  • 脳に問題がある障害だから治らないということを自覚すること
  • 自分の性格・特性を自分で理解すること
  • 周りと同じにしなければならない固定観念を取り払うこと
  • 日常生活も学校も自分のやり方でやっていいことを理解させること
  • 「自分はダメな人間だ」と絶対に思わないこと

そして、

周囲の人に本人の性格・特性を理解してもらい、できることとできないことを区別して生活を送れる環境を整えてあげることが大切です。それには1番家族の協力が必要です。

彼らは

周りからは変わり者だと思われることが多いですが、本質は、誰かを騙したり、ウソをついたりできなくて、教えてもらったことや、言われたことは素直に受け入れる子で、自分の興味があることは集中してとことん追求するできる、素晴らしい特性を持っています。
彼らの良いところを伸ばせるように保護者さまを中心に、周りが支えていくことが大切です。

「わいわいプラス町田教室」にはどんな子たちが通っているの?どんなスケジュールなの?
「わいわいプラス町田教室」では主に小学校1年から6年までの発達障害(自閉症/ADHD/LD/ダウン症)の児童を中心にご利用頂いております。ご利用に際して受給者証が必要になります。療育手帳や身体障害者手帳は必須ではありません。受給者証は市区町村の児童福祉課で発行していただけます。ご不明の場合は、お気軽に当教室にご相談ください。

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ
1か月の利用日数は市役所と保護者さまが相談した上で決まります。「わいわいプラス町田教室」は利用日数の範囲内であれば、他の放課後等デイサービスの教室と併用して、ご利用いただけます。

他の放課後等デイサービス教室との併用例 1か月の利用回数が20回の場合

放課後等デイサービス A教室 A教室:10回 放課後等デイサービス B教室 B教室:3回 放課後等デイサービス 町田教室 町田教室:7回

学校や保護者さまの都合に応じて自由にスケジュールを組んでいけだけるよう、柔軟に対応できます。

放課後等デイサービスの1日のスケジュール例

平日

平日は、学年によって終了時刻が異なるので、学校終了後、学校へ迎えにきた送迎者に乗って教室へ向かいます。その後おやつを食べたり、宿題を行ったり、運動や公園へ出かけたりなどして時間を過ごします。例えば、近所の公園に散歩をしたり、野外で出来る遊びをしています。屋内では教室内でのマットを使った体操やゲーム、みんなで遊ぶカードゲームやダンス、昔ながらの遊び等を行っています。

土・日・祝日・長期休暇

休日は10時頃施設に到着し、午後は平日と同じ時間に帰宅します。上記は一例ですが、祝日は外部施設に出かけたり、季節ごとのパーティーやBBQなどの楽しいイベントも行います♪例えば、みんなでボーリング大会、遊園地や動物園におでかけ、夏はプール、冬はスケートなどみんなで楽しめることをしています。

ぜひ一度見学にお越しください♪ 「わいわいプラス町田教室」は発達障害のあるお子さまと、
保護者さまを支援する療育教室です。私たちは、お子さまを支える保護者さまの味方です。お子さまおひとりおひとりに寄り添って療育いたします。

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ

「わいわいプラス町田教室」の魅力

「運動療育」を取り入れています

運動や体操などSSTプログラム(SSTプログラムについてはこの後ご紹介します)を取り入れた基礎体力トレーニング、運動プログラムを行っています。おひとりおひとりのレベルに合わせてトレーニングを組み立てます。

「学習療育」を取り入れています

フラッシュカードで洞察力、記憶力、集中力を養います。そして、絵本で感受性や想像力を養う療育を提供いたします。

「送迎」があります

平日は学校→教室→ご自宅、休日はご自宅→教室→ご自宅 まで、教室のスタッフが送迎いたします。そのため、教室の行き帰りに安心してお子さまを預けていただけます。

ABA(応用行動分析学)を用いてひとりひとりのレベルに合わせてカリキュラムを組みます

ひとりひとりに個性があり、考えやこだわるものが異なります。そのため、児童ひとりひとりに合わせてカリキュラム組みをしています。

発達障害を抱えたお子さんは苦手なことが多く、できないことで1日中叱られ、やる気がないと責められることが少なくありません。ABA(応用行動分析学)は、できない課題を細かく分けて、できたら褒める(できた行動を強化する)。そして成功体験を重ねて、褒められる回数を増やし、自己肯定感(認められると児童自身も感じる)を高めさせるトレーニング方法です。トレーニングができない場合でも、取り組んでいる姿勢を認めて、褒めることを大切にしています。

「わいわいプラス町田教室」では、お子さまが嫌な気持ちになった状態でトレーニングをすることが無いようにすることを優先的に考えています。保護者さまとしては、お子さまに少しでも

という思いをお持ちだと思います。
無理に嫌なトレーニングをさせるのではなく、本教室は運動やゲームの中で自然とそういった能力を身に着けてもらえるようなトレーニングを行っております。そのため、通っている児童は皆、楽しそうに笑顔でトレーニングに取り組んでくれています。

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ

SSTプログラムとは?

簡単にいうと、「人付き合いのコツを身に付ける能力」を身に着けるトレーニングです。発達障害がある子どもさんは、対人関係を築いたり、コミュニケーションをとることが難しいケースが多いです。社会的なルールやマナー、会話、友だちとの付き合いかた、暗黙の了解、自己管理・コントロール、危機管理などを築けるようゲーム形式でトレーニングを行います。そうして、嫌な気持ちにならずに、ゲームで楽しみながら様々なことを理解して心に落とし込み、できるようにしていきます。

「わいわいプラス町田教室」は全国展開をしている「わいわい教室グループ」のひとつです!

「わいわいプラス町田教室」は東京、千葉、京都、大阪で合計10教室運営している「わいわい教室グループ」のひとつです。

町田市or町田市隣接以外にお住いの方はコチラ

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ
最後に 保護者さま(お母さん、お父さん)1人で抱えないでください。お子さまひとりひとりの個性を伸ばして、のびのびと成長し、笑顔で過ごせるよう一緒に育んでいきましょう

お母さん、お父さんにも休息の時間が必要です。
安心して、「わいわいプラス町田教室」にお子さまを預けて、たまには自分の時間を作るのはいかがですか?
そして帰ってきたお子さまと再度向き合って、一緒に成長していきませんか?
お気軽に見学にお越しください♪

2017年 「平成29年度」新入学生の事前受付をしております!

見学のご案内

当教室は平成29年度4月から就学されるお子さまをお持ちの親御さまのご見学を歓迎しております。また、現在就学中のお子さまや他の放課後等デイサービスを利用中の方もお気軽にご相談、ご見学にお越しください。

見学の予約方法・お電話・メールのお問合せ 見学の予約・お問合せはコチラ

メールフォームから

見学の予約・お問合せ

お問い合わせ内容必須
お名前必須
電話番号任意
※半角英数
メールアドレス必須
ご連絡方法必須
メッセージ本文任意

お電話からでも

お気軽にお問い合わせください♪

042-709-3481 [受付時間]平日13:30~18:00/土曜・祝日10:00~17:00

町田市在住の方、周辺にお住いの方はぜひお気軽に「わいわいプラス町田教室」へ見学にお越しください!

新学期が始まる前、新年度の切り替え時期は利用希望者が急増します。まずはご都合が良いときにお気軽に見学にお越しください。まずはお電話でお問合せください。